社会人として知っておきたい!葬儀場にまつわる豆知識や雑学を紹介します

このサイトは、社会人の基本的な知識として知っておくと役立つ葬儀場にまつわる豆知識および雑学を分かりやすくご紹介しています。
社会人になるまでは両親と一緒に葬儀に出席することはあるけれども、独立することでマナーや作法などを覚えておかないと恥をかいてしまうこともあります。
葬儀会場の探し方や種類など基本的な知識を得られる内容になっていますので、こちらを参考にしながら最低限持っておくと良い知識の役立てて戴くことをおすすめします。

社会人として知っておきたい!葬儀場にまつわる豆知識や雑学を紹介します

葬儀場はお葬式全般を執り行うことができる施設で、一般的には斎場やメモリアルホール、葬儀会場などいくつかの言い方が存在します。
葬儀場は大きく分けると、民間企業が運営を行っているところと自治体が運営を行っている公営もしくは町営などの種類があります。
また、火葬場を併設している葬儀場は主に公営になるのですが、東京都内の火葬場の大半は民営の斎場です。
このような豆知識を持っていると喪主として葬儀を執り行うときなど役立ちます。

葬儀場の選び方ポイントを知っておこう

故人を天国に送り出すために、遺族として悔いの残らないお葬式をしたいという気持ちはあっても、具体的に葬儀会社をどうやって選べばわからないという人は意外に多いのではないでしょうか。
まず、葬儀場を選ぶ際に注目したいのは、スタッフの応対が丁寧で、こちらの疑問を解消するために分かりやすく説明をしてくれるかという点です。
遺族に寄り添って、最適な葬儀プランを考えてくれる葬儀場なら信頼できますよね。
葬儀場の選び方で重要なのが、費用や契約に関する対応です。
葬儀プランの見積もりを出す場合に、どうしてその金額になるのか的確に説明するところなら安心できます。
大まかな見積もりしか提示しない葬儀場だと、追加費用が発生するリスクがあります。
契約をする際に決定を急がせるようなところも避けたほうがいいでしょう。
近年は派手な葬儀よりも経済的な負担を軽くするために、火葬のみや小規模な家族葬を選ぶ遺族も増えています。
低価格プランでも気持ちよく応対するところならいいですよね。

葬儀場の申し込みと手続きの仕方について

葬儀場には、民営の会場と公営の会場の2種類がありますが、民営の会場は葬儀会社が運営を行っているので申し込み先は会場を運営している企業に行うことになります。
一方、公営の場合は自治体が運営母体になるので役所などで手続きをすることになる場合と直接施設に連絡して行う方法がありますが、公営は場所を提供するのみでお葬式全般の手配は全て葬儀社に委ねることになり、この場合も葬儀社を決めれば葬儀場の予約などを代行して貰えます。
お通夜のときには通夜振る舞いと呼ぶ参列者への食事や飲み物の提供が一般的に行われることになりますが、葬儀場の中には会食が可能な施設も多いですし民営の会場の大半は人数に合わせた形で会場を提供してくれる、しかもお葬式プランの中では会場使用料を無料にしているなどの特徴もあります。
なお、火葬場などの予約についても依頼先の会社が代行してくれるので、喪主など遺族は故人との最期の時間をゆっくり過ごすことができます。

葬儀場を借りる際の相場額はどれくらい?

愛する人、恋しくて仕方ない人、同士のようなな人、どのような人であってもいつか必ずなくなってしまい自分と別れを告げる時が来ます。
特に愛するパートナーの妻や夫、両親に京大など身内が亡くなってしまうとひどい喪失感にさいなまれ、生きる希望を失うほどの悲しみに暮れるようになります。
だが悲しみばかりに暮れていては愛する人が一向に成仏されず天国に行くことができません。
そこで早急に葬儀場を借りて葬式を執り行ってあげる必要があるんです。
葬儀場を借りるには葬儀社を通すのが一般的です。
数十人や数百人規模の一般葬や社葬を行うのであれば大きな葬儀場が必要であり、その費用相場額は数百万円に上ることもあるんです。
一般家庭が一般葬を行う場合には100万円前後が相場です。
また昨今人気になっている家族葬の場合には、身内の参列だけになるので広い葬儀場は必要になりません。
そのためその費用相場額は高くても40万円程度であり、そこには祭壇や供花、棺代など諸経費も含まれます。

遠方からの参列者が多い場合に向いている葬儀場は?

亡くなった人の最期のお見送りをする場所、葬儀場。
今は色々と会社があるので、会場を決めるのも迷うものです。
遠方からの参列者が多い場合に向いている葬儀場は、駅やバス停の近くなど交通の便がいいか、車が多数停められる駐車場が多い葬儀場だと思います。
近くに住んでおらず他県から来ると、地元の地理に詳しくないので、初めてでもわかりやすい所にあるのも大切です。
特に葬儀の時間は決まっています。
参列者を焦らせないためにも、名前がすぐ覚えられる葬儀場もいいでしょう。
早く到着した人のために待合室が広めで綺麗な事、当日は何かとバタバタと一日中忙しくなるので、喪主や親族の気持ちにそっと寄り添ってくれるスタッフが沢山いて、少しでも安心できることも大事です。
宿泊を伴う事が想定される際は、近場のホテルの案内などのサポートがあって、自分の負担や悩む時間を減らせる、故人とゆっくりお別れを言える環境を整えてくれるのも重要なポイントです。

葬儀場に関する情報サイト
葬儀場のお役立ち情報

このサイトは、社会人の基本的な知識として知っておくと役立つ葬儀場にまつわる豆知識および雑学を分かりやすくご紹介しています。社会人になるまでは両親と一緒に葬儀に出席することはあるけれども、独立することでマナーや作法などを覚えておかないと恥をかいてしまうこともあります。葬儀会場の探し方や種類など基本的な知識を得られる内容になっていますので、こちらを参考にしながら最低限持っておくと良い知識の役立てて戴くことをおすすめします。

Search